×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

■可動仕様宇宙大皇帝エンペラ星人(プレイヒーローVS・ウルトラマン対決セット〜メ ビウス最終決戦編〜)
 


 

 材料
 ・食玩ウルトラマン対決セットのエンペラ星人
 ・ミクロマン・アクロイヤーXアクロボルテック
 ・ミクロマン・バットマン&バットガールのバットマンのマント

 ・ポリパーツのランナー(手首の接続に使用)




  

小サイズとはいえうれしい商品化。デザインの都合上、マントと体が半分半分で一体化しちゃってたり、肩の形状ゆえに右腕は動かなかったりす るけど、造形はなかなかのものなので、このデザインにいまいちピンとこなかった人でも、手にとって眺めていればなかなか良い感じに思えてくるかも。
とはいえ、せっかくの皇帝なのでそれだけじゃ物足りない、ということでミクロマンにクロスアップさせて可動仕様にしてみました。



    
素体はアクロボルテックス。偶然、エンペラを購入した際にレジ近くで100円で売られていたので。
マテリアルフォース系における比較的初期の商品なので、不具合などもあるかも。


    
あとはまあ、切って貼っただけです。元のソフビの何処を残して何処を切り捨てるかは少しずつ調整していくのがベターですね。



     
マントは同じミクロマンのバットマン(原作版)のもの。布系のビギンズ版の方があってるかもしれないけど、持っていたのがこれだけなので、まあ、そこそこ 雰囲気出ればいいかな、と。素体に互換性があるので簡単に付け替えられるし。



  
装着したエンペラパーツが干渉するので、可動範囲は結構狭まりました。とりあえず、基本的な可動程度は可能。
本編でもあまり激しいアクションはしなかったけど。


      
   素材が柔らかいので、結構融通が利くのがいいところ。

      
           腕組にはさすがに無理が




 セットのメビウスフェニックスブレイブと。700円ソフビと比べると青の部分の色合いなどが良くなっているような気がします。こちらも可動化させてみた いけど、ウルトラさんは可動させるのに向いてないデザインだから難しそう。



 
 新旧エンペラ星人比較。


  



                戻る