×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

■ダークサイド
 


 

 材料
 ・ストリートファイター(SOTA)のバイソン(要するにベガ)
 ・エポキシパテ
 ・ポリパテ

   
 本名:Uxas(ウクサス?アクサス?自信ないので原語表記…なお、「ダークサイド」はアニメと邦訳に準拠してます)
ニューゴッズの住む異次元世界に存在する暗黒の世界であるアポコリプスの王。
ハイファーザー率いる光の世界ニュージェネシスとは敵対関係にあるが、一種の均衡状態を保つために様々な条約を結んでおり、彼らは互いの息子を交換してい る(ある意味では人質として)。
実の息子のオリオンは似ても似つかない顔だが、成長の仕様によってはこの人と同じような顔になったりもするそうな。
キングことジャック・カービィがDCにおいて創造したキャラクターの代表的存在。

  




 
   
 元はといえばサノスを作りたくて素体に出来そうだと買ったSOTAのベガ。
 改造中にマーベルセレクトのサノスが普通に出てしまい、それが棚上げになった後、カプコン体型を目指したドゥームへの改造に方針転換したものの、これも やはり納得出来る出来に仕上がる前にハズブロ版レジェンドのドゥームが手に入ってしまい、またしてもの改造頓挫。
 結局、流れ流れてダークサイドにすることにしました。当初予定していたサノスとは因縁浅からぬ関係だけに、なにやら運命めいたものを感じる…ということ はとくにないですね。似てんだから。





  

 ダークサイドの6インチフィギュアに関しては、やっぱりDCスーパーヒーローズのものさえ手に入れば問題ないんでしょうけど、あんまり動かなさそうだ し、高いし、ということでカスタムで自分を納得させることにしました。
 シャドルー総統はスカート(?)部が軟質素材で可動を阻害しないため、DCSHのダークサイドよりも格段に自由度の高い可動範囲を誇ります。これを活か していけば、よく動くダークサイドが…と思ったのだけど、ダークサイドてどっちかつーとドンと構えてる感じのキャラだから別にそこまで動くことないよな あ、などと考えてしまう本末転倒。






  
 腰部分が結構よく曲がるほか、フル可動アメトイにしては珍しく接地性にも拘っており、ブーツ前部は回転させて角度を付けることが可能。









  
 よく動いて、関節部分の強度も中々のもの、なので、塗装がはがれ易いのは免れません…









  
 基本的に新造したのは頭部(これまでの写真を見ればお分かりでしょうが、アップには耐えません)の全てとベルトくらい。あとは元のモールドをパテで埋め たり。
 









 
 強度がよろしいので、ハイキックの体勢のまま固定しておくことも可能。











   
 ベガにはちゃんと握りこぶしだけではなく平手もあったはずなんだけど見つかりません。どうしよう。









 
      
 ダークサイドといえば、の背中に腕を回したポーズは…出来ません。
簡単そうに見えて、腕の太いキャラには意外と難所ですね、このポーズ。










 
 ダークサイドさんのこととなると別人のように気が荒くなる人と。






 
 「トータルジャスティス」(ケナー)のダークサイドと。
この人、大きさはまあ、このシリーズが5インチメインなのを考えると仕方ないんだけど…しかし、変なマジックハンドの裏にちゃんと右手が造形されてい るのに、その位置が左腕に比べて明らかに短すぎるのは…







 そっくりさんと。
 サノスの生みの親、ジム・スターリンはこの他にもダークサイドと同じDCでモンガルつー似たようなボスゴリラを創造したり、本家「ニューゴッズ」で重要 なイベントを起こしたりと色々な意味で活躍しております。評 判は良くありません。
 しかし、ダークサイドもこれぐらいでっかい方がいいかもなあ。






 
 マーベルとのクロスオーバー。
 どちらもシャック・カービィの手による(ギャラクタスはもちろんスタン・リーも、だけど)超宇宙的悪役ってことで対決することになったようですね。











■メタロ
 






 材料
 ・スポーンシリーズ18"InterLink6"のLL4(マクファーレントイズ)
 ・エポキシパテ
 ・DCSH(マテル)のルーサーについてきたクリプトナイト




  本名:ジョン・コーベン
 自動車事故に巻き込まれた泥棒が偶然その場に居合わせたハカセに改造された姿。心臓部にはスーパーマンの弱点であるクリプトナイトが埋め込まれている。 悪人。クライシス前は全然違う設定だったり。









 DCユニバース(マテル)シリーズのビルドアップフィギュアのメタロがなんかやたらと格好良いので欲しくなったのだけど、さすがにセット買いは辛いので たまたま買っておいていたスポーンの合体ロボシリーズのフィギュアをリデコしてでっちあげてみ…たかった。雰囲気だけでも出てれば!出てれば!…出てな い?ごめんなさい。









 このシリーズ、印象としては「なんだかよくわからないものが以上に複雑な工程を経て合体し、なんだかよくわからないが異常にでっかいものになる」という 感じなんですけど、実際にそれぞれのフィギュアをいじってみると、これが普通に出来が良い。デザインも意外なほど洗練されてるし、各部のパーツをばらした り装着させたりするのも楽しいし、なにより合体するための 副産物か、可動部が非常に多い。安く売ってたら普通にロボトイとしておすすめできます。
 







  
  唯一の改造ポイント。
 ちびっこいスポーンフェイスにパテを盛ってメタロっぽく。エンドスケルトンではない。
 あと、内蔵するのはどう考えても無理そうだったクリプトナイトはパテを支えに胸で無理矢理保持しただけ。















■三代目グリーンランタン(ジョン・スチュワート)
 





 材料
 ・WWF(ジャックスパシフィック)のザ・ロック様
 ・エポキシパテ

 ・ポリパテ


 
 本名:ジョン・スチュワート
 グリーンランタンの補充メンバー。一応、地球人としては二人目の正式なグリーンランタン。
 アニメのジャスティスリーグではチームに黒人メンバーが欲しかったからか、カイルを差し置いてレギュラーキャラに。何故か原作で奥さんだったカトゥマ・ ツィーとはくっ付かず、ホークガールとくっ付いたりする。





  
 近所のリサイクルショップにやたらとプロレス関係のフィギュアが入荷されたので、せっかく格安なんだから何か作ってみようかと思って、長身(というよ り、このシリーズのフィギュアのサイズが微妙にでかい)のザ・ロックさまを非常にお手軽にグリーンランタンに仕立て上げてみた。






 
 ジョンにしようと思った一番の理由はこの顔なんだけど…困った、思ってたより似てない。
 一応、胸部、手袋、ブーツ、頭部などにパテで改造を加えています。








 カイルと。
 この写真だとちょっとごまかしてるけど、実際にはジョンの顔、カイルよりもかなりでかいです。








 最近買ったサイ・ゴーU(結構お気に入り)をグラッドに見立ててみる。








                戻る